音読でねらうのは、「つっかえないで読むこと」です。

 音読練習で意識したいことは、

まず、「つっかえないで読むこと」です。

声が小さくても、漢字が読めなくても、

間をとらなくても、読み続けることが大切です。

スポンサーリンク


           

 音読は、声に出して読むこと。

その目標は、

スポンサーリンク

「正しく→はっきり→すらすら」にと段階を追って求められます。

上層の目標は、情操場面の雰囲気をつかんで情操豊かに読む、

文章構成を読み取るにつながります。 

親の子どもに対するこころ構えはこれです。

 「声の大きさで判断しない。」

「子ども達の個性を大事にする。」

「読み続けることに励ましの声をあげる。」

「唇を動かして読むことに重点を置く。」

スポンサーリンク