声を出すことから勉強力は始まります。

勉強力で大切なのは、

「声に出す」=音読という勉強の仕方(学習方法)です。

国語の本読みだけが、音読ではありません。

国語の本読み練習は、

「音読の力を付ける」・「音読の力を鍛える」

スポンサーリンク


という技能としてのねらいがあり、

そこから他の教科へと伝わっていくのです。

教室では、漢字練習の時、

画数を言いながら(「声に出す」)練習する約束になっています。

スポンサーリンク

「声に出す」という勉強の仕方は、

目で見て、唇を動かし、耳で聞きながら書いて、

覚えることができます。

左脳と右脳が動き、効率よく知識を脳に収めることができ。

勉強力は、未知の内容について自分なりに、

ひとりで「勉強」できる力です。

未知の内容とは、「わからない、できない」

情報や知識=学習内容と定義します。

これは学校の教師、塾の先生、教科書、

テキスト、参考書などから与えられます。

スポンサーリンク