音読には隠れた魅力があります。

 音読とは、「目で見て、耳で聞いて、声に出して」と、

さまざまな脳の働きを利用します。

さまざまな働きを利用すれば利用するほど、

スポンサーリンク


脳は活性化します。

その結果、知識は記憶に残りやすいものになるだけでなく、

理解力も上がります。

これは、脳科学的にも証明されていることです。

確か、中学校の教科書で読んだ記憶があります。


音読を繰り返していくことで、

書いてある内容が自然に頭の中で、

理解できるようになります。

算数の問題が解けないときは、

問題文を何度も読みます。

国語や英作文の問題でも、

理解するために、何回も読みます。

読むことを繰り返すことが理解の近道なのです。

目で見て、声に出して読み、それを耳でも聞く、

そうすることで理解したことは忘れません。

音読して学んだことは、

脳がしっかりとキャッチするのです。

これが、音読の隠れた魅力です。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする