子どもは、親のひと言で勇気付けられます。

音読は、くちびるを動かし、

目を動かして文字をきちんと読む練習をしましょう。

だ、自信が無い人は、

人指し指で文字をおってもいいですが、

スポンサーリンク


目だけで文字をおうことに挑戦してください。

文字をきちんとおうことで飛ばして読むことがなくなります。

小学生の子どもは、

スポンサーリンク

他の人との違いを意識し、

そこから始まる優越感や劣等感、

それに生きていることと死ぬことの不思議など、

生きていくうえで根本的な

さまざまな問題に出会い始める時期でもあります。

親のひと言で子どもは勇気付けられます。

どんな小さなことでも褒めてあげましょう。

スポンサーリンク