学ぶ楽しさが身に付くと鬼に金棒です。

学ぶ楽しさが身につくと、

学びたいという意欲が内からわき出て、

確かな力へと導いてくれます。

学ぶ楽しさを身につけるには、

みんなで楽しく一歩ずつ確かに学んでいるという体験を

スポンサーリンク


数多くすることです。

音読練習ですらすら読めるようになるためには、

読めない字や漢字は飛ばして、

くちびるを動かし耳で聞きながら、読むことです。

一つの題名は、20回読みましょう。

(読んだ回数は題名の下に書こうね。)

スポンサーリンク

漢字テストの合格を手にするためには、

決してあきらめず、繰り返しの練習が大切です。

1日5分×3回、漢字を書くときは、

まず、その漢字をきちんとみて読み仮名を読み、

次に、画数を口ずさみながら3回~5回書くとおぼえるのが速いです。

「千里の道も一歩から」

「練習は不可能を可能にする」

「継続は力なり」

毎日の積み重ね(努力)が勝利をもたらします。

そして、自分なりの学び方、覚え方を身につけることが一番大切です。

「やればきっとできるのだ。成功するに違いない。」

という積極的で、明るい未来を信じる心が大切なのです。

スポンサーリンク