音読では、ようすの違いをあらわす方法を使います。

  音読でようすの違いあらわすときは、

つぎのことに注意するといいでしょう。

①強く読むところと、弱く読むところを考えて読む。

②読む速さや、声の高さを変えて読む。

③とくに聞いてほしい言葉の前や後で、少し間をとる。

 この読み方は、生活の場面で会話するときも使います。

そうすることで、子ども達は、話上手(はなしじょうず)になりますよ。 

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする