子どもがあきらめず最後まで頑張れるのは夢を持ったときです。

人間が大きく成長するには、

夢を持つことです。

夢を持つことで、

どんなことでも最後までがんばれます。

 日本人のプロサッカー選手「小野伸二選手」の小学生の夢は、

スポンサーリンク

トラックの運転手かサッカー選手になることだったそうです。

サッカーがうまくなりたいと毎日考えて、

勉強したらちょっとでも外に出てボールを蹴っていた。

それで小学生でリフティングが1000回以上できたそうです。

だから、リフティングの天才。

スポンサーリンク