映画の日本語訳を使って英語を学んだけど、役に立ちませんでした。

最近になってわかったことがあります。

遅いと言われましたが、

わかったのが今なので仕方ないです。

それは洋画を見て英語を覚えようとしてました。

それでもきちんと飲み込めなかったのは、

日本語訳が英語の発音どおりではないということです。

邦訳を批判しているのではありません。

場面に合わせて英語を日本語の日常会話語にしているんだ

ということがわかったのです。

だから、いくら覚えても使い物にならなかったということです。

英語の発音が悪いということではなかったのです。

そもそも、英語の発音ではない日本語が表記されていたんですね。

やはり、英語をきちんとした正しく日本語に訳した

テキストを探して、学び直します。笑

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする