学習で力が付くのはA型の顔

 学校で見るども達の顔は、

大きく二つの種類に分けられます。

それを、仮にA型B型にしましょう

A型の子どもの特徴は、

 目がキラキラ

動作がピチピチ

   明るさがほとばしり表出


   自分から進んで仕事に取り組む

スポンサーリンク



等です。

もう一つのB型の子どもの特徴は、

目が伏し目

動作緩慢

   暗さを温存

   仲間が少ない 

視点が定まらない

   ぼうっとしていることが多い


等です。

子ども達は家ではどんな顔ですか?

A型の顔になるように、

声かけをすることが、

これからの学習につながり、

力が付きますよ。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする