子どもが伸びる要素は、これです。

教師を長く務めると自然と子ども達の伸びる要素がわかります。

だから、教師の子どもにかける声も変わってきます。

それは、子どもの内面に突き刺さる声になるからです。

スポンサーリンク


そのねらい(ねらっている姿)は次のことなのです。

学ぶ楽しさが身につくと、

学びたいという意欲が内からわき出て、

確かな力へと導いてくれます。

学ぶ楽しさを身につけるには、

みんなで楽しく一歩ずつ確かに学んでいるという

体験を数多くすることです。

この学習スタイルを実践している学級の子ども達は、

伸びしろが長いです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする