教師の思いは子ども達が学校で楽しむことです。

 学校での1番の楽しさは、

勉強がわかる楽しさです。

わかる楽しさを味わうまでには、

その子なりの学習への努力が必要です。

スポンサーリンク


例えば、理想的なバッティングフォームはわかっていても、

実際にできるようになるには、

ある程度の練習が必要なように、

「わかる」状態から「できる・身につく」状態になるまでは、

繰り返して学習することが大切です。

こういう観点から言えば「勉強は大変なものだ。」と

スポンサーリンク

子ども達に教えることが大切です。

 また、もう一つ、

学校の楽しみは、様々な活動を通して友達や先生とかかわる楽しみです。

友達と一緒に学習できたり、

遊んだりできる喜び、

たくさん会話したりおにごっこしたりするなど

みんなでがんばっていく喜びなど、

一人では決して味わえない多くの人とのかかをりあう楽しさを

どの子も味わうことができるように努力したいと思います。

スポンサーリンク