勉強の手助けは、繰り返し語り続けることが1番です。

 勉強の手助けとしての一番は、

義務感を子ども自らの願いに変えてやることです。

学習するのは当然であるという義務感は、

一つの学習を成し遂げた喜びで、

自分から望んで学習に立ち向かう姿勢へ

スポンサーリンク

と変わります。

もう一つは、学習の苦痛を取り除くことことです。

そのためには、子ども達に楽しい学習とは

どんなものなのかを、繰り返し語ってあげることです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする