子どもを守るためには、今は消し去られている家庭教育の復活です。


「ニート」「ひきこもり」「不登校」

あんなにマスコミを賑わした言葉だが、

今はひっそりと報道されているだけ。

人気取りの報道だから仕方ないが、

「ニート」「ひきこもり」「不登校」が解決されたわけではありません。

スポンサーリンク


親や子ども本人が困り続けることです。

解決の方法は、

親が本気になって子どもと対決することです。

それがいやだと思うなら、

小学校の時から子ども達のわがままを許さないことです。

ここで大事なのは、

子どもの虐待でなく、子どもの将来を思う優しい心がなければいけません。

その心を身につけるために、

今は軽視されている家庭教育の復活です。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする