これからの音読はここが大事です。

 音読は、文章にそって声を出して読みます。

一字一句間違うことのないように、

神経を使って読みます。

声の大きさも強弱はつけますが、

大きからず小さからずです。

特に、文末(語尾)は伸ばしません。

スポンサーリンク

・や。はきちんと休みます。

わからない漢字は、最初飛ばしますがふりがなをふって覚えながら読みます。

声の大きさに関係なく、

くちびるはしっかりと動かします。

 そして、1番大事なのは腹から声を出す(腹式呼吸)と言うことです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする