勉強は未知の内容を知ることです。

未知の内容について自分なりに、ひとりで「勉強」する。

未知の内容とは、「わからない、できない」情報や知識=学習内容と定義します。

これは学校の教師、塾の先生、教科書、テキスト、

参考書などから与えられます。

スポンサーリンク


ひとりで「勉強」できる力を持続させるためには、

「何のために勉強するのか?」という目標(めあて)を

持つことが大事です。

目標(めあて)が勉強に取り組む原動力となります。

スポンサーリンク