体に知識を定着させる力は、大きな声を出すことです。

 
  

音読することによって、


文章漢字の読み書きを覚えたり、


文章の内容を確実に理解したりできることをご存じですか?



音読の声は大きくです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 でも、生まれつき声の小さい人もいますが、


音読では大きな声を出して読むことが大事です。

なぜなら、声を出して読もうとする気持ちが、

脳を刺激して文字をきちんと読み取ろうとするからです。

 大きな声が出ていないことを叱るのではなく語ることで、


子どもたちをやる気にさせるのです



何を語るか。


それは、


「大きな声を出して音読しようとする気持ちが1番大切なんだ。」


と言うことを、


子ども達に伝えていきましょう。

スポンサーリンク