子どもがふみ出すきっかけを、親は作ります。

 子ども達をやる気にさせる秘訣は、

叱るのではなく多く語ることです。

子どもの年齢によって、

しゃべる言葉は変えますが多く語ることは変えません。

スポンサーリンク


語る内容は、押しつけではなく、

子どもの成長を願っての親の願いや思いを伝えることです。

子どもの思いと親の願いが大きく違うと、

子どもは無意識にブレーキをかけます。

 また、今までの教師経験から見えてきたのは、

子どもの我慢する時間と大人の我慢する時間に

差があると言うことです。

我慢する時間の長いのはどちらかというと、

スポンサーリンク

子どもです。(これはあくまで私の感覚ですから、間違いもあるかもしれません。)

しかし、親として経験がありませんか、

子どもがなかなか言うことを聞かず、

つい怒ってしまったことを。

これは、大人より子どもが我慢する時間が長い

という一例では無いでしょうか。

子どもは、やらなければいけないことは分かっていても

ふみ出すことに時間がかかるのです。 

親は、子どもがふみ出すきっかけを作る必要があります。

それが子どもと語ると言うことです。

どんなことを話すかについては、

親子での関係が1番大切です。まず、やってみて下さい。

スポンサーリンク