勉強は声をだすことからです。

小さい子どもは文章を読むときに音読しますが、

大きくなるにつれて黙読(=頭の中での音読)

するようになります。

スポンサーリンク

音読は、

小さい時にしっかりと身につけると、

その後の成長に大きく影響を与えます。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする