喧嘩するからこそ相手の本心がわかるというものです。

言葉狩りに付いて、学校では教えません。

本来日本語にある言葉は、使っていいはずなのに、

差別用語だとか、暴力的、卑猥すぎる、

相手の感情を傷つけるなど、

誹謗中傷的な言葉を禁止るの傾向が社会ではあります。

これって、当たり前のことですよ。

だけど、すべて禁止は良くないと思います。

スポンサーリンク

日本語の語彙として学び、

聞いた相手はこんな感情を持つんだよということを教えるべきなのです。

仮に、意味がわかっていて、

相手を攻撃するときにその言葉を発しても罪に問うことではありません。

言葉の暴力としての喧嘩ですから。

喧嘩すること自体を禁じて何になるのでしょう。

喧嘩するからこそ相手の本心がわかるというものです。

スポンサーリンク