子ども達のやる気を持続させる方法

2学期が始まりました。

昨日全員がそろって、

2学期の始業式を行いました。

でも、子ども達の人数は減りました。

様々な理由が考えられますが、

1番は、保護者の転勤などで日本に帰国した子どもが多いです。

スポンサーリンク


特に、今回多くいたのが、

ここに居ながらにして

インターナショナル校から日本人学校に

転校した子ども達です。

それで、補習授業校の在籍人数は、

1学期より十数人減りました。

でも、9月からこちらに転勤して

こられる家族からの問い合わせが

複数ありますので、

人数は増える予定です。

スポンサーリンク

さて、

←左のプリントをご覧下さい。

この子どもは、チャイニーズのローカル校に通っています。

漢字テストには、真剣に取り組みます。

ところが、赤丸の中の線という文字をご覧下さい。

糸へんの下の部分が中国語になっています。

丸を付けられないので、

本人を呼んで理由を話して、書き直しさせました。

海外の学校でなければ経験することのできないことです。

子ども達が書いた答えをタダ採点するのではなく、

一つ一つの意味を考え、日本語では違うんだよ

と、納得させる声かけをしています。

これが子ども達のやる気を持続させています。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする