小中学校の夏休みゼロ、小野市の市長としての発言に違和感を持ちます。

小中学校の夏休みゼロ、市長「早い時期の宣言で保護者らに覚悟を」…兵庫・小野

Yahoo!ニュース 

 兵庫県小野市の蓬莱務(ほうらいつとむ)市長は22日の定例記者会見で、市内の市立小中学校と特別支援学校について、夏休みをゼロにする方針を表明した。新型コロナウイルスの影響で、同市では今月9日から休校が続いており、不足している授業日数を確保するためという。

教育の中立性を考えたら、

この発言は間違っていると言えます。

行政の首長は、教育行政に直接関わらない。

そのために、教育長が独立した形で存在するのです。

もし、今回の場合であれば、

市長は教育長にその旨を伝え納得させた上で、

教育長が小野市としては・・・云々というべきでしたね。†

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする