子どもをニートや引きこもりにしない方法。

引きこもりやニートは、


親がつくるのです。


子どもを可哀想だからと、


囲ったつもりが、


時が経つにつれて負の遺産になり、


親に返ってきます。

スポンサーリンク



(返ってきています。)


最後に親は困り果てますが、


どこにも相談することもできず、


ついには考えられない惨事へとつながっています。


親は世間体を気にしないで、


子どもが困ったときに、


その時の要因を聞き出し、


観察し、推測して


一緒に対決することが一番大事です。


解決することが最終目的ではなく、


親も困りながら一緒に取り組んでいるという


状況が大切なのです。


過保護ではありません。


子どもを先頭に立たせながら


親は後ろで支えながら前に進むことです。


帰国子女は、特に狙われやすいですからね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする