子どものころ覚えたことは忘れない。

 

冬から春に、葉の間からつぼみをつけた花茎を伸ばして咲く


スイセンが好きです。

どんなに寒い冬も、


このスイセンが春の訪れを力強くかつ静かに伝えます。


震災に悲しむ人々を勇気づけたのもこの花です
…。

スポンサーリンク

 1個の球根がやがては、大きな花園をつくる花です。


理由がわからなくても、日本の家には、


ほとんどの家にスイセンが植えてあります。

 子どものころは、意味が分からなくても


音で覚えることができます。


そして、『子どものころ覚えたことは忘れない』


と言われますが、本当にその通りで、


小学生、中学生くらいに丸暗記した内容は、


大人になってもかなり覚えています。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする