子どもの成長を願うから親の姿を見せます。

守られすぎの子どもは、

大きくなっても自立心が育たないようです。

親は、子どもの成長を願うなら子ども自ら汗を流して働き、

その代価として衣食住が補われていることを知らせるべきです

スポンサーリンク

子どもは大人のおもちゃでも道具でもありません。

スポンサーリンク

一人の人間として扱い、

その価値としての労働(子どもの場合はお手伝い)を

義務づける必要があります。

そうしないと、子どもは誰かを頼り、

甘え自らが立ち上がるきっかけを持てなくなるのです。

その結果が、勉強嫌いになるのです!

スポンサーリンク