学校の教師は無力で、管理職からにらまれたら誰も助けてくれません。

学校の教師が、様々なトラブルを抱えていて

表に出ているように思われますが、

これは過去にもあったが、

被害者の教師自身が子ども達のためにと自らが我慢して、

心を病んできました。

それがこのように取り上げられて、

さも悪魔のような扱いにされていますが、

間違いです。

学校という集団の中で教職員を管理監督している校長や教頭は、

一般社会で言う管理職ではないんですね。

人事権を持っているのに、このようなトラブルは

スポンサーリンク

管理能力がないとみなされるべきではありませんか?

そして、社会に対する対応は、教育委員会ではなく、

学校の管理職でしょ。

今問題を起こしている学校の授業がどうなっているのか、

取材して報道して欲しいですね。

パワハラで体調不良の奈良の市立小の4教諭が会見
10/30(水) 20:46配信産経新聞

 奈良県大和郡山市の市立郡山南小学校の教諭4人が同僚によるいじめとパワーハラスメントを訴え、9月の2学期始業式から休んでいる問題で、4人の教諭が30日、同県生駒市内で記者会見し、「いじめを見て見ぬふりする態勢を変え、安心して働ける環境にしてほしい」と訴えた。問題発覚後、4人が公の場で取材に応じたのは初めて。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする