勉強の目的を持つことが大切です。

 ひとりで「勉強」できる力を持続させるためには、


「何のために勉強するのか?」という目標(めあて)を


持つことが大事です。


目標(めあて)が


勉強に取り組む原動力となります。

スポンサーリンク



小学生としての目標を持たせるために、


家族で話し合いましょう。

小さい子どもは、


文章を読むときに音読しますが、


大きくなるにつれて黙読(=頭の中での音読)


するようになります。


音読は、


小さい時にしっかりと身につけると、


その後の成長に大きく影響を与えます。


私の経験から中学生の高校受験でも役立ちました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする