夏休みだからこそ、音読を毎日できます。

 音読の良さは分かっていても、

なかなかできない子どもがいます。

どうしたらよいか考えてみると、

音読の良さは分かっていても実際に体験していないので、

信じられないという気持ちが大きいと思われます。

スポンサーリンク


そこで、子どもに体験させる方法です。

読めない字は飛ばしてもいいし、ふりがなをふってもいいので、

まず一文だけ読みます。

3回同じ一文読みをくり返します。

保護者は大きな声でほめます。それを3回くり返す。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする