発音の練習を毎日8分行い、1か月で発音がはっきりします。

 音読を練習する目的に、

「母国語をきちんと話せる。母国語でしっかりと伝えられる。」

という将来的な目標もあると思います。


声を出して伝えるということから、

中学校での弁論大会出場選手の練習指導が思い出されます。

その時の賞を取るための練習のポイントを紹介します。

子ども達が音読練習する時の参考にもなりますよ。

スポンサーリンク


①発音の練習を毎日8分行い、1か月で発音がハッキリしました。

驚くほどの伸びでした。


→ 毎日続けることが大事!


②腹式呼吸を常に行う。→ 声量が豊かになります。


③歯切れよく発音し、スピードを工夫する。

→アとウの母音の部分にを短め発声するとよい。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする