日本政府は、海外で働く日本人の保護や助けをもっとして、日本人を守れ。

日本国内では、海外から来ている労働者に、

手厚い施策を取るようにと日本人が騒いでいます。

そのことから、日本政府も様々なことで、

スポンサーリンク


日本人と同等な手当を行っています。

賃金、健康保険、住居、滞在ビザなど、

とても優しくしています。

しかし、海外で頑張って働いている日本人には、

何の手当や助けを日本政府は行っていません。

アメリカで働いている独身女性は、

アメリカ企業の非道徳的な扱いやたくさんの不利な条件に対して、

スポンサーリンク

我慢しながら一人で頑張っています。

フランス系企業でありながら、

日本人に対する差別的な発言や労働の強制は目に余ります。

英語を身に付けて、米国に渡って働いたのに、

国籍がいじめの基になっています。

日本政府は、国内の外国人労働者より海外で働いている日本人に、

もっと手厚い保護や助けをして欲しいものです。

グローバル社会への旅立ちと言って、

大きく宣伝したのは日本政府ですよ。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする