すらすら読める(国語学力)ようになります。

「なぜ、音読をやるのか?」を考えて見ましょう。

音読すると、

「①文章内容の解釈(理解)が深められる。

②眠気から覚め、意識がはっきりして集中力がつく。

③言語感覚が育つ。

④言語表現能力が身につく。

スポンサーリンク


⑤脳が発達し、勉強のやる気が増す。」など、

良いことがいっぱいあります。

教室では、まず、
先生が最初に全部を読み聞かせます(範読)。
次に、先生が1文読んだら同じところを子ども達が読みます(追いかけ読み)。
そして、先生と子ども達が共に(一緒に)に読む(共読み)。
さらに、一斉読み・一人読みとつながって読みます。
読むときのポイントは、
(大きな声で正しく・はっきり・すらすら)を目標とします。
時々、速(はや)読みや唇(くちびる)読みなどを入れて、
あきないように工夫しながら楽しく読んでいきます。

  読む姿勢は、立って読むことを基本とします。

本は、両手でもって目で読み、声を出し、声を耳で聞き、立って読むことで

脳への刺激はさらに大きくなります。

脳が刺激されれば忘れなくなり、力が付きます。

音読は、何回もくり返し練習することで、

すらすら読める(国語学力)ようになります。がんばれ!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする