同じ本を何度も読み、繰り返し問いかけることが大事です。

 小学生時代に、本を何冊も読んで、

書き言葉の文章のシャワーをたくさん浴びて欲しいのです。

「日本語の語彙が増えます。」

「読解力が付きます。」

読解力は、今1番求められている学力です。

読解力の基本は、文章の一番言いたいこと

スポンサーリンク

(あらすじの要約)をつかまえる力です。

その力を磨くには、保護者のみなさんから

「この話は何をいいたかったのか。」などと子どもさんに問いかけ、

物語のあらすじを話させて下さい。

ルールは本を見ないで話すことです。

同じ本を何度も読み、繰り返し問いかけることが大事です。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする