勉強につまずかない基礎は本読みでできます。

 「本を読むこと」「読書」は、

生活に潤いを与え、

生きていくのに役立つ様々な情報やアドバイスを

スポンサーリンク


そっとあなたに教えてくれます。

 
 それは、インターネット機器と違い、

どこででも、何度でも、すぐに読み返すことができます。

紙の上に書かれた文字は温かいです。

例えば、低学年までの子ども達は、

絵本や薄めの物語を読むことが中心でした。

中学年(3年生と4年生)では、

「目的に応じて、いろいろな本や文章を選んで読むこと」が、

日本では求められます。

あわせて、図書館の利用のしかたや本の探し方、選び方、読み方を学びます。

 小学生時代に、本を何冊も読んで、

書き言葉の文章のシャワーをたくさん浴びて欲しいのです。

「日本語の語彙が増えます。」「読解力が付きます。」

読解力は、今1番求められている学力です。

読解力の基本は、

文章の一番言いたいこと(あらすじの要約)をつかまえる力です。

その力を磨くには、保護者のみなさんから

「この話は何をいいたかったのか。」などと子どもさんに問いかけ、

物語のあらすじを話させて下さい。

ルールは本を見ないで話すことです。

同じ本を何度も読み、繰り返し問いかけることが大事です。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする