音読は、自分の声で他の人に聞かせるということが大事です。

音読をさせるときのポイントは、


①声をしっかとり出すこで,

脳がよく働きます。脳を働かせるから,かしこくなれるのです。

②姿勢が悪いと、声が出なくなります。キチンとした姿勢をすることで、

気持ちも締まり声もでるようになります。


③声が出ない理由の一つに、自信がないことがあげられます。

自信をもたせるためには、数多くの練習をさせればよいのですが、

ただ何度も読ませるだけでは飽きてしまいます。

変化のある繰り返しで読ませることが、大切です。

④音読は、自分のためだけに行うのではありません。

他者にも聞かせているのです。

声が小さい子には、

「他者にも聞かせている」という意識をもたせることが必要です。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする