音読練習がねらうのは読解力を付けることです。

国語の学習指導要領の音読に関する指導事項では、

「中学年では、内容の中心や場面の様子が

よく分かるように音読すること」と書かれています。

スポンサーリンク


 音読練習は、目で見た文字を脳で声に変換して、

正しく、はっきり、すらすらと出せることがねらいです。

 黙読では読めたつもりでも、いざ声に出して読んでみると、

スポンサーリンク

大人でも読めないところが出てきます。

これは、黙読だと前後の文から読めない部分を

脳が予測して理解し、読めたように感じるからです。

 声に出して読むこと(音読)は、

脳の間違いを少なくする練習になります。

そして、読解力がつき、中学校でも役立ちます。

スポンサーリンク