自分からやり始める音読練習

音読練習の価値や意義を多く語っても、

それを子どもが受け止められなければ、

絵に描いた餅です。

保護者が理解しても、

子どもに押しつけにならないか心配です。

スポンサーリンク


 私が、

子ども達に教室で話し続けていることは、

「音読練習すれば頭がよくなる。」

「国語の教科書がすらすら読めるようになれば、

内容が分かってくる。」・・。

だから、

音読練習をした方がいいよ。

 あくまでも、

子どもが自分から音読練習をする機会を、

待ちたいのです。

やらされていたのでは、

いつまでも自分のものになりません。

時間はかかりますが、

自分からやり始めたときの子ども達のパワーはすごいです。

何回も驚かされています。理解力も、上達も大人以上です。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする