音読しながら考えること             

何度も声に出して読むことは、

何のためでしょうか?

補習授業校は、

国語学力として価値があり、

なおかつ

補習授業校の子ども達に

有益な学習として

「音読・朗読」を積極的にさせています。

スポンサーリンク


その時、

音読をする目的をはっきり自分の中に位置づけると

スポンサーリンク

力が付き長続きします。

その目的は、二つです。

家庭での音読は、

「正しく→はっきり→すらすら」

と読めるようになることです。

ひとつの単元ごとに20回読む

②授業での音読は、

本時のねらいにあった読みをします。

何をみつけるのか、

何を考えればよいのか。

大事な文章や言葉を探す。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする