音読が嫌になった子どもにかける言葉!

音読にあきて、


やりたくないと言い出した時、


親としてどうすればよいでしょうか?


    

 「気持ちが緩んでいるんだから。」


と叱ってしまうのではなく、


まず、

スポンサーリンク


あきるということを認めてあげます。


次に、


語りかけて子ども達をやる気にさせます。

スポンサーリンク


「そうだね。」


「音読は疲れるよね♪」


「お母さんは音読やっている○○くんはかっこいいと思うけど。」


「お父さんもかっこいいって言ってたよ。」


「音読やると頭よくなるんだってね。


等々


独り言のように軽く言いましょう。

このやり方は勉強が嫌になったときも使えます。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする