夏休みだから、声を出して本を読む。

夏休みだからこそ、声に出して本を読む。

どんな本でも良い。子どもの好きな本で良いのです。

ただし、声を出して読む

音読について、もう一度書いておきます。

音読する時の基本は、

①耳で聞きながら
②腹から声を出す

スポンサーリンク

③くちびるを動かすです。
*物語文と説明的な文章との読み方は違います。
*物語文は、登場人物の会話文や動作などを表す文章を

ていねいに読むことです。

ていねいに読むとは、声を少し強く、

または大きく読むことです。

そのためには、文字1つ1つをきちんと声に出して

読まなければならないのです。
*説明的な文章は、考えのすすめ方をとらえながら、

段落の中心となる文章をていねいに読むことです。
*また、段落と段落のつながりを表す言葉に目を向け、

段落のまとまりを意識した読み方を身につけることも大事になります。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする