こんなの当たり前よね。

 

 

 

 

どんなに熱意があっても、学校という組織で先生は撲殺されている現状から、

 

 

 

 

勝てる若者先生はいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

”夢破れて山河あり”です。

 

 

 

 

だからこそ、家庭で自分の子どもはしっかりと勉強する癖を付けて、

 

 

 

 

学校という戦場に送り出すのです。

 

 

 

 

子どもの味方は親御さんだけですよ。

 

 

 

 





 公立小学校教員の2023年度採用試験の受験者が、

全国で3万8641人だったことが各地の教育委員会への取材でわかった。

文部科学省が昨秋公表した22年度採用試験の受験者数より約2千人少なく、

教員の長時間労が問題となるなか、
受験者数の減少傾向に歯止めがかからない状況が浮かんだ。

大分県では、受験者数の減少により異例の「定員割れ」が起きた。

投稿者 katakuri

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です