音読の目標は、すらすら読めることです。

文学的文章・説明的文章とも、

すらすら読めることが、

学習の前にできるようになって欲しい。

スポンサーリンク


そうなれば、言葉から想像される思いが学習の幅を広く、

深くしてくれるのです。

すらすら読めること自体が国語学力なのです。

 すらすら読めるようにさせる簡単で確実な方法は、

繰り返し読ませることです。

もちろん、あきないように工夫しなければなりません。 

何回読んだかを記録させるのは、その一つです。  

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする