笑顔が輝く教室は、子ども達が大きく伸びます。

 笑顔は子どもの象徴です。

子どもの会心の笑顔こそ、教師が常に目指す生きた目標です。

しかし、無感動の学校生活からは子ども達の会心の笑顔は生まれません。

スポンサーリンク


そこで、私は、学習の中で子ども達の心にゆさぶりをかけ、

感動を呼び起こすことに力をそそいでいます。

それは、感動の中から会心の笑顔が生まれるからです。

そして、子ども達がそれに気づくために、

「やらされる学習ではなく、自分から進んでやる学習へ」

と切り替えるような心情を育てようと努力しています。

スポンサーリンク


子どもの会心の笑顔は、

学習の中で「わからないことがわかった。」

「できないことができた。」と言う時に見ることができます。

それには、子どもの学習意欲を呼び起こし、

自分から望んで学習に立ち向かう姿勢を作らなければなりません。

多くの子ども達は、

「学習しなければならないという義務感」と

「学習は苦痛であるという逃避意識」にはさまれています。

実際の行動は、その子なりのバランスで成立しています。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする