音読はすらすら読みが1番大事です。

 文学的文章・説明的文章とも、

すらすら読めることが、

学習の前にできるようになって欲しい。

スポンサーリンク

そうなれば、言葉から想像される思いが学習の幅を広く、

深くしてくれるのです。

すらすら読めること自体が国語学力なのです。

スポンサーリンク