みんなの前で、上手に話すことができる。

授業中の質問や発表のしかたは、

子ども達の学習に対する姿勢と大きな関係があります。

だから、教師は、学習に入る前に、

子ども達に次のようにお願いしています。

スポンサーリンク


まず、手を上げる。

次に、名前を呼ばれたら大きな声で「はい」と返事をする。

そして、素早く立ち上がり、背中をぴーんと伸ばす。

呼吸が整ってから体を動かさないで話すようにとね。

日本の小学校の教室では、

普通におこなわれています。(今はそれ嫌う教師や保護者もいますけどね。)

でも、この動作は、

これから話すのだという心の準備と聞く人へ

「しっかり聞いてよ」という合図です。

身についた行動は、社会人になっても大変役立ちますよ。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする