海外の例を上げて日本の教育を攻めるのは止めて欲しいですね。

先日、Twitterで疑問を持つ書き込みがありました。

それは、日本にいる日本語を話せない公立学校の外国人の子どもに、

もっと日本語教育をするべき。(気持ちは理解しますが、反対です。)

なぜなら、アメリカや外国では、無料で英語教育を行政が行っているからだって。

おかしいよこれ。

まず、外国籍の子どもが

日本の公立学校に普通に入学できることが間違ってます。

だって、日本国憲法で定めている教育を受ける権利は、

日本国籍の子ども達です。

スポンサーリンク

アメリカをはじめ、海外の公立の教育機関では、

自国の子ども達のための学校で、

外国人の子どもは入学させません。

また、アメリカでは、英語が一定レベルになるまで、

自費で学ばなければ、カレッジで学ぶことはできません。

日本では、外国籍の子どもを公立学校に入学させ、

親子共々通訳まで付けて学ばせる環境を整えています。

(必要ない、やり過ぎと考えています。)

海外の例を上げて日本の教育を攻めるのは止めて欲しいですね。

スポンサーリンク