大変な時代だからこそ、勉強して力を蓄えることです。

こんばんは。お久しぶりです。

子ども達にとって受難の時代です。

学校に行けばなんとかなるという期待はもう持てません。

スポンサーリンク


自分で何とかしないといけないんです。

そして、周りから目を付けられていじめられないように。

そんな気遣いが必要ですから、子ども達にとって受難の時代だというのです。

担任もあてになりませんから。

そんなことを書かなければいけないのは、

同じ教職を歩いてきた人間として辛いです。

でも、そんな時代だと認識することが、子どもを守れる近道です。

昔と違って、教室が競争の場ではありません。

子どものうちに力を蓄えておくことが、

これからの時代を勝ち昇ることができるパワーになります。

しっかり勉強させましょう。

何をすればよいか、できることは教科書を暗記することです。

これは必ず役立ちます。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする