その子なりの学習への努力が必要です。

 学校での1番の楽しさは、

勉強がわかる楽しさです。

わかる楽しさを味わうまでには、

その子なりの学習への努力が必要です。

例えば、理想的なバッティングフォームはわかっていても、

実際にできるようになるには、

スポンサーリンク

ある程度の練習が必要なように、

「わかる」状態から「できる・身につく」状態になるまでは、

繰り返して学習することが大切です。

こういう観点から言えば「勉強は大変なものだ。」

と子ども達に教えることが大切です。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする