教師自身の振り返りが、子どもを明るい未来に導きます。

どんなに社会が教師に対するパッシングをしていても、

教師は、恐れずに教師になったときの信念を

全面に出して頑張って欲しいです。

その時、学校教育で一番大切なのは、

子どもと教師の信頼関係を、教師が作ることです。

スポンサーリンク

何か問題が起こると、

その原因を、子どもの内に探そうとする教師が多く見受けられます

違いますよね。

その前に、教師自身の子どもに対する接し方を思い起こして欲しいものです。

教師に少しでも足りないところがあったら子ども達全員に謝ります。

その上で子ども達に、未来を一緒にやっていこうという

教師の決意を発表するべきですよね。子ども達はついて来ます、

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする