きちんと伝えるために気をつけることは五つです。

これまでに、

言いたいことがうまくつたわらなかったことはありませんか。

相手にきちんと伝えるために、

落としてはいけないことは何でしょう。

伝えるときにいつも気をつけたいことは、

スポンサーリンク


①いつwhen

②どこでWhere

③だれがWho

④なにをWhat

⑤どうしたHow(どのように、どうする)です。

また、

スポンサーリンク

いちばん伝えたいことは、

繰り返して話すと言うことです。

そして、

聞いている人に

「わかったか、どうか。」を質問して確認もします。

音読練習では、


話すときに必要な声の大きさや速さ、


ことばの明瞭さを身につけることができます。

話す・聞くは、

これからの社会で生きていく上で

とても大切です。

スポンサーリンク