物語では、登場人物のしたことや言ったことなどから場面の様子を思い浮かべることが大切です。

 国語では文章に書いてあることから、

読み取りをおこない、ものごとを考えます。

その時、教科書のどこに何が書いてあるのかを

分かっていなければ、考えが止まってしまいます。


そのためには、国語の学習をする上で、

まず教科書がすらすらと音読できることが大切です。

スポンサーリンク

すらすらと音読ができるようになれば、

漢字の読みはできたし、文章の構成や内容が頭に入ったと言うことです。


次に、登場人物のしたことや言ったことなどから

場面の様子を思い受けベルことができます。

そして、まとまりをとらえて読み、

感想が言えるようになります。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする