子どもも親も海外で学んでいると言うことを真剣に考えて欲しいものです。

海外で教師としてボランティアをしている方から、


こんなメールをいただきました。


海外で学ぶ子ども、保護者が変わりました。


日本語を学ぶ機会が海外にあることに、


親子で感謝していたころが懐かしいです。

スポンサーリンク



だから、教える教師もボランティアで


がんばることができました。


最近はどうかと言えば、


学ぶ施設や環境にクレームを付けたり、


指導の仕方に口をはさみむ。


日本の学校の経験のない子ども達が多い中で、


日本に帰国した時に


日本の学校にスムーズに入り込めるようにしようという教師のねらいを


まったく無視して口をはさむのです。


主はインターナショナル校やローカル校、


日本語の教育は二次的な学び。


それでいいのですが、


教師の献身的な奉仕を理解しないのでは、


本末転倒です。


現地の日本人学校に行かせていないのだから、


日本語の教育に対して感謝の気持ちで


接して欲しいものです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする